自分に合った家探しは不動産屋の営業マンで決まります

綺麗なマンション

不動産の良い営業マンと悪い営業マンの見分け方

日差しの掛かったマンション

賃貸住宅を探すときには、ネットや雑誌で気に入ったお部屋を探して、仲介業者のお店に足を運ぶのが一般的なルートだと思います。大体の不動産仲介業は、仕事のスタイルが全て似通っているので、企業ごとに、どこが良くてどこが悪いかは言い難いです。ですが、不動産屋さんは、ひとつのお店でも営業マンが数人いるのが普通で、その誰に当たるかでかなりお部屋探しの内容が変わってくるのです。
ここで、悪い不動産営業マンの見分け方をご説明します。
まず、希望した条件よりも低いお部屋を、曖昧な理由で強力プッシュしてくる不動産営業マン。本当に、その条件で良いお部屋が無い場合は、まともな営業マンなら「エリアを変えるか、条件を下げないと見つかりません」と正直に言います。それを言わずに、悪い物件ばかり勧める人は、きっと他に良いお部屋があるのに、その悪いお部屋で契約したい事情があるのでしょう。例えば、インセンティブが付くとか、ボーナスがもらえるとか…
だから、もしも変なお部屋を勧めてくるなと思ったら、勇気を出して、本当に他が無いか聞いてみましょう。それでも信用ならない場合は、別の不動産営業マンに探してもらうのも手です。
また、お部屋探しの段階で、こちらは急いでいないのに、契約を畳みかけるように進める営業マンも良くありません。他の人の申し込みが入っているとか、レア物件だからすぐ決められてしまうとか…そんな理由で契約を急がせる場合、その不動産営業マンのノルマが関わっていることが多いです。これは、同じ1件を決めるなら、短期間で終わらせたいという心理もあるでしょう。ですから、急いでいないない場合は、少し間を置いてから、再度部屋探しをした方が良いです。時間を置けば、別な営業マンに当たるかもしれませんしね。他のお店に行くのも良いです。
このように、その人その人のやり方によって、お部屋探しの進め方はだいぶ変わってきます。最初から良い営業マンに当たればラッキーですが、ちょっと怪しい感じだったら、遠慮なく他の人にチェンジしてもらった方がいいですよ。

不動産屋さんでのマンション選び

1人暮らし、家族での暮らしを始める際に不動産屋さんでマンションを借りる方が多いかと思われます。私自身1人暮らしにマンションを借りました。初めての1人暮らしだったので、色々な期待を胸に不動産屋さんに向かいました。当時マンションに求めていたのは、広さ、綺麗さ、安価でした。しかし、不動産屋さんで現実を突きつけられ、ある選択をよぎなくされたのです。それは、安価で築古い物件。高価で築浅な物件。安価な物件は築年数が古いが広く、高価な物件は築年数は浅く綺麗だが、間取りは狭いものでした。
私は後者を選び、今も住んでいます。仕事が終わり、疲れた私は今の綺麗な物件を満足に思い、自己満足を起動力に日々頑張れています。なので、家賃支払い日にはゾッとしますが、後悔はしておらずいい選択ができたと思ってます。
しかし、価値観は人それぞれで前者を選ぶ方ももちろんおられます。その方々の選ぶ理由も様々で、ヴィンテージ感を求める方、広い空間を自分でアレンジして楽しむ方、家では寝るだけで十分で安価であればあるだけ良しとする方、私はどの理由も素敵だと思いました。
不動産屋さんでのマンション選びは、誰もが満足できる物件が見つかるとは限りません。ですが、各物件を住んで良かったと思える物件にするのは自分次第だと思うのです。その良かったと思える瞬間が満足に変わる瞬間だと思います。

高崎市の不動産屋さんで紹介される賃貸マンションのメリット

高崎市の不動産屋さんなどで紹介される賃貸マンションのメリットとして挙げられるのは、なんといっても毎月の家賃はもったいないとマンションを購入する方が毎月のローン分で家賃が払えると高崎市の不動産屋さんによく言われ、ローンを払わなくていいこと、つまり購入することを考えると部屋は自分のものにはならないが、最終的な膨大な利息を払わなくて済むということがあると思います。
あともう一つは気分的に精神的には非常に楽であり、何かあればすぐに不動産屋さんに相談すれば解決してもらえます。
もし、家族持ちで賃貸しているのであれば、例えば近くに新しいマンションが出来てそちらに移りたければすぐに移ることもできる。さらに便利なのは、例えば子供がいて違う学区の学校に入学したいとなれば、引っ越して違う物件を借りることでそれが可能になる。これは学区外申請か何かの手続きをふまなければ、もしくはその制度のない地域であれば、マンションを購入している場合にはそう簡単に引っ越しというのはできないので、もしかしたら賃貸マンションの結構大きなメリットとしてあげられるかもしれません。
実際に子供がいる方でそうしている人は多くいます。その分、賃貸マンションは気軽だということでしょう。自分の部屋や持ち家になることはなくても、最終的に何十年ローン購入で最終的に払う利息額が何千万となることを最初に知ると、なんとなく賃貸の方がやはりお金はかからないとおもうのは必然だと思います。

コンテンツ

自分で不動産を持つという選択肢

大きなマンション

気になる人もいるかもしれませんが、賃貸料金はこれから下がる可能性があります。それゆえ、焦らずに過ごしても老後の心配をする必要もないと思います。もちろん、家族がいた方が良いし、年齢が上がれば上がるほど賃貸を借りづらく…

» もっと読む

不動産会社で購入した物件

白いマンション

賃貸暮らし16年の私は、そろそろ一軒屋なり分譲マンションなりを不動産会社で購入したいなと思っています。そこで、私なりの賃貸のメリット、デメリットを考えてみました。賃貸のメリットは、嫌になれば引っ越せばいいと…

» もっと読む

トピックス

ルールを守って清潔に暮らす

マンション

学生から社会人になり、不動産を借りて一人暮らしを始めるにあたり、気をつけたいのが規律正しさです。誰の目も無い一人暮らしの住まいは、油断をすると汚してしまったり、ずぼらになってしまったりと乱れてしまうことがあります。不動産を借りて一人暮らしを行っている人は、退居する時のことを考えて綺麗に…

» もっと読む

賃貸と購入のメリットとデメリット

黄色のマンション

不動産会社で賃貸の物件か、購入をするか、年齢を重ねると考える時期がくるでしょう。ローンを組んで購入するとなると、引っ越しなども今後はないことが条件となるでしょう。どちらにもメリットデメリットがあります。どの時期で購入するかなどもじっくりと、ご検討の上決めるのがいいでしょう。賃貸の場合も…

» もっと読む